病院選び

病院選び

昨今、獣医療の進歩は目覚しく、また世論調査では不景気の中ペットに対する出費は年々増加傾向にあります。中でも獣医療費はペットを飼われている方なら避けては通れない道です。動物保険も登場し、掛け金は目覚しく上がっております。
私の予想ですが動物保険は今後ますます掛け金は上がると思います。

まずペットを飼うにあたり避けては通れない医療費の仕組みをしっかりと理解する事からはじめましょう。

病院選びのポイント

医療費について

獣医さんに行くと高いという声をよく聞きます。人の場合、保険証を提示すると窓口で医療保険が適用されて医療費の10%~30%を支払うだけです。予防接種や検診なども自治体が負担してくれるところが大半で、実質無料で受ける事が出来るために健康な人はそれほど苦に思われた事はないでしょう。
しかし犬には掛け金を支払い任意で加入する動物保険がありますが50%負担と人間に比べると負担割合は高額です。もちろん動物保険に加入しなければ100%負担です。
他にも人間の場合と違うところは、人間の場合処置によって点数制ですべて値段が決まっています。例えば注射でも一回○○点、レントゲン検査一回○○点、手術の場合でも執刀医が誰であろうとどこの病院でやろうと同じ手術では同じ点数になります。(1点=10円)

人間の場合、保険を適用する場合はすべて点数診療制の範囲内で行われます。これとは逆に犬は自由診療制といって各病院によって自由に料金が設定できます。
これも人間に例えてみますが美容整形などが自由診療にあたります。したがって自由診療の場合、病院により価格の安いところと高いところが出てきます。いわば自由診療とは通常のお店と同様にお客さん(患者)の招致合戦になります。たくさんお客さんが来れば儲かるし診療単価も安く設定できるようになります。

また医療の発展により医療機器は各専門分野で特化した高額な機器が次々と開発されています。これらを揃えようとするとおのずと機器の導入費用が診療費から償却される事になり、先端の高度医療を受ける為にはそれに見合う対価を支払う必要が出てきます。

続きを見る

子犬紹介

ご購入の流れ

ペットを飼う前に

お問い合わせ