よくある質問

臍ヘルニア・鼠径ヘルニアについて教えて下さい。

臍・鼠径ヘルニアは小型犬に多い疾患の一つです。
特にシーズーなどでは臍ヘルニアがかなりの確率で発生しています。いわゆる犬種特有の症状です。犬種によって発生率に大きな差があり、短ぷん種では臍・鼠径ヘルニアの認められる犬が多いことが分かっています。

臍・鼠径ヘルニア共に外科的整復で完治し再発の可能性も低いので、当犬舎ではヘルニアが認められれば 整復してからお引渡ししています。しかし小さな鼠径ヘルニアだけは、今までの経験上成長につれて閉じるもしくは分からないほどになりますので整復しない場合があります。

臍・鼠径ヘルニア共に大きくならなければ健康上の影響はほとんど無いとされており、整復後は通常の犬となんら変わりはありませんのでご安心下さい。
こちらから画像で解説していますが血や内容物が写っていますのでご注意下さい。

<<サークル内トイレしつけ済みとは | オス犬の去勢について>>

戻る

子犬紹介

ご購入の流れ

ペットを飼う前に

お問い合わせ